• トップ /
  • 葬儀で喪主と施主の注意点です。

お葬式の基礎知識

葬儀で喪主と施主の注意点です。

喪主と施主がいる葬儀もあります

最近は葬式を行う場合に喪主が施主を兼ねることが大半です。はっきりと喪主さえも決めない形式で葬式を行うこともあります。一般的ですが個人で葬式を行うケースが大半ですから、喪主が施主を兼任して葬式を行うことが多いため、通常の葬式で別々に置かれるケースは極めて稀です。両者の異なる点として注意することは、喪主は故人の家族や親族のなかから遺族を代表して弔う役割を努めます。葬儀社や式場の関係者やお寺さんとの打ち合わせにあたり、葬式に参列された方々へのあいさつや応対、出棺する際のあいさつなど葬儀全体を取り仕切る立場です。施主は漢字の通り「布施する主」という意味で、葬儀にかかる費用を負担し、あくまで喪主をサポートして葬式を滞りなく進行する手伝いをする役割です。あくまで葬儀の運営を代表する立場であって、自分が代表して葬儀を進行することがないように注意が必要です。葬式では必ず施主を置く必要はありません。ただし、故人が大変有名な方で社葬など葬式が大規模に行われる時には、故人の親族の負担を減らすために施主を置いて葬式がスムーズに進行できるように注意することが必要です。故人との最後のお別れはみんなで心中からお見送りすることが大事になります。

↑PAGE TOP