• トップ /
  • 葬儀の喪主と施主の違いについて

昔ながらのお葬式

葬儀の喪主と施主の違いについて

葬儀の際の喪主と施主の違い

葬儀という祭祀を執り行ううえで中心的な役割を担う者として喪主と施主がいます。個人葬と社葬では役割の分担方法に違いがあるのですが、一般的な個人葬ではこの喪主と施主は、亡くなられた方の配偶者や長男、あるいは長女などの同一人物が兼任をすることが多いのですが、本来は喪主と施主は果たすべき役割において明確な違いがあります。たとえば、喪主は遺族の代表者として葬儀を実際に執り行い、弔問客や参列者の応対をするのが主な役割となっています。それに対して施主とは葬儀や法事などの価格を検討したうえで費用を負担して葬儀を運営するのが役割となっています。つまり、前者はお葬式を執り行う役割を担い、後者は金銭的な面でお葬式を運営するという役割があるのです。このように両者にはその果たすべき役割というものは分担されているわけなのですが、このことは特に法律で定められているわけではありません。そのため、遺族がお葬式の価格や規模などについて話し合いを持ったうえで役割を分担すればいいことになります。ただし、一般的な傾向として喪主と施主が同一人物である場合、セレモニー業者と価格面で交渉するようなときに話を進めやすくなるというメリットがあります。

↑PAGE TOP